アダムタッチ やり方

アダムタッチのやり方を詳しく、実践的に紹介していきます。

アダムタッチとは、アダム徳永さんという自称セックスカウンセラーが提唱したスローセックスのテクニックの一つです。

そんなアダムタッチのやり方を紹介していきましょう。

アダムタッチの具体的なやり方

アダムタッチのやり方を一言で言うと、触るか触らないかの微妙な感覚で愛撫する方法のことです。

具体的には、手のひらをパーの状態にして、女性の肌から1~2cmくらい上の状態でキープします。

この状態でこの距離を保ちながら、円を描くように女性の全身をマッサージしていくのがアダムタッチのやり方です。

1~2cm女性の肌から離した状態をキープする、といっても完全に触らない状態では女性も満足しません。

語弊の無いように言いますが、アダムタッチは触ってもいいのです。

触るか触らないかの絶妙なタッチで愛撫していく、これがアダムタッチのやり方です。

なんでこんな方法が流行っているのかというと、男性の愛撫の仕方は強すぎるという点が挙げられます。

あの伝説的なAV男優である加藤鷹さん。

加藤鷹さんいわく、男性の愛撫の触り方は強すぎるらしいのです。

強い愛撫では、女性はあまり感じることができず、本当には満足していないとのこと。

なので、加藤鷹さんはクリトリスなどを刺激する時は薬指を使うらしいです。

その理由は薬指だと一番力が伝わらず、感覚が弱まるため女性へのタッチにはモッテコイらしいのです。

加藤鷹さんの愛撫の仕方からも分かるように、軽い力加減で触ってあげるほうが女性は喜びます。

そのため、触るか触らないかのアダムタッチはセックス時の前戯で有効なのです。

アダムタッチのポイント

アダムタッチのポイントはなんと言っても「とにかく優しくゆっくり愛撫する」ということです。

触るか触らないかの微妙な距離感を保ちつつ、女性の全身を舐め回していく感覚が必要です。

途中でガッとおっぱいを揉みたくなったり、クリトリスやGスポットを強烈に刺激したりしたくなりますが、そこをグッと我慢してアダムタッチに専念するのです。

そして、アダムタッチをする時のイメージは自分の手や指を花びらのように舞わせることです。

女性の体のすぐ上をひらひらと舞う花びらのように、自分の手と指を動かします。

手のひら全体を女性の体にぴったり添わせるようにして、自分の手のひらが吸盤になったような感覚で触りましょう。

さらに重要なのはリズム感です。

円を描くように優しくゆっくり、そして、スローバラードを歌うかのようにゆっくりと愛撫してあげます。

心地よいリズム感でタッチすれば、女性はより敏感になります。

感じ始めたら乳首やクリトリス、Gスポットなどの性感帯を刺激してあげましょう。

しかし、焦りは禁物で、性感帯を刺激する時でも優しくソフトにゆっくりとアダムタッチで触れるようにしましょう。

アダムタッチの注意点

アダムタッチは万人に通用するテクニックではありません。

ここに注意点があります。

アダムタッチで執拗に攻めすぎると、「何やってんの?くすぐったいだけなんだけど。」って嫌がられることもあります。

くすぐったい部分はどうしたってくすぐったいので、あまりしつこく攻めるのはやめましょう。

ただ、くすぐられたからすぐにやめたのでは意味がありません。

アダムタッチもGスポットやポルチオと同じように、開発されて気持ちよさを発揮するものです。

そのため、アダムタッチではまず、感じやすい部分から攻めるようにしましょう。

感じやすい部分といっても、乳首や性器をいきなり攻めてはダメです。

アダムタッチで感じやすいのは、首筋や性器の周りの内太ももです。

性器をタッチするぞと見せかけて、アダムタッチで性器の周りを長い時間かけてタッチしていきます。

そうすることで、女性は焦らされるため余計に感じやすい体になるのです。

>>>次は女性をエッチな雰囲気に持っていくためのテクニックを紹介します。